2011年01月07日

自動車保険の保険料が年齢別に値上げなる

自動車保険の保険料の料金体系が大きく変わる。

損害保険大手各社は4月以降、保険料を年齢・年代ごとに細かく分ける新しい料金体系を順次導入するそうだ。
理由は高齢者の事故の増加。
今までは35歳以上なら保険料は同じだったが、60歳以上のドライバーの保険料を大幅に上げる方針だ。

損保ジャパンは4月から全体の保険料を引き上げ、新しい料金体系を導入するが、新料金体系では主に運転者の年齢を30〜39歳、40〜49歳、50〜59歳、60〜69歳、70歳以上と10歳ごとに分けてそれぞれの保険料を決める。
標準的なモデルでみると、値上げ幅は60歳未満は年1千円以下だが、60〜69歳では3千円、70歳以上は7150円と大幅に値上げするらしい。

続きを読む


posted by あきそら at 19:33 | Comment(0) | 損害保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。